九州初の「見えない矯正」専門歯科

緑あふれるリラックス空間で、世界レベルの“見えない”矯正治療を。

2015.04.10更新

今回の診断結果で再矯正すべきか決めようと思っていました。
先生が詳しく治療内容を説明してくれました。
診断1
パソコンでは、自分の頭蓋骨の3Dから口内写真、矯正後の想定写真、骨密度に至るまで見せて頂き驚きました。数ミリ単位で計算して頂いた模型もあり、矯正後の状態を想像しやすかったです。
また平均の骨格との比較など分かりやすく、私はもともと平均より顎が無く、再矯正の為、治療にも限界があること、その上で最大限の治療をして下さることが分かりました。
診断2
治療内容には技工士さんがいるしもだ矯正歯科さんだから出来る最先端な治療もあり、他の矯正歯科ではここまでの治療をしてくれないだろうと感じました。最大限理想に近づけるよう、出来る全ての治療をして頂けると思い、診断が終わった時にはここで矯正をはじめようと決意してました。
初めての裏側矯正で慣れるまでは大変だとは思いますが頑張って治療をしようと思います。

投稿者: SMILES矯正歯科

2015.03.10更新

レントゲンの写真は時間もさほどかからず、すぐに終わりました。
検査1
検査2
模型の為の歯型をとる際、口を大きくあけておかないといけませんが、一度経験していたこともあり、また歯科衛生士さんも丁寧で優しく何の苦痛もなかったです。

投稿者: SMILES矯正歯科

2015.03.10更新

高校時代に矯正をしていましたがリテーナーを怠った為に、また出っ歯(歯並びよりも口元が出ていること)が気になり始め、カウンセリングに行きました。

1度目の(表側)矯正時、上の歯を2本抜歯、親知らず4本抜歯済みで隙間がないため、治療にも限界があることなども説明して頂きました。また裏側矯正について出っ歯に効果的であることも知り、分からない点など丁寧に教えて頂きました。

投稿者: SMILES矯正歯科

2015.02.18更新

専門医制度の問題点

私達にとってとても興味深いデーターを見つけたのでここに書きます。

医療における専門医制度の現状の問題点を、複数回答可能な方式で512人からのアンケート結果です。

多い順から

1.診療報酬上の評価がない(54.2%)

2.専門医ごとに取得・更新の難易度に差がある(52.2%)

3.取得・更新に費用がかかる(50.6%)

4.自身の給与に反映されない(38.6%)

5.単位の取得が難しい(36.1%)

6.領域が細分化しすぎている(31.1%)

7.専門医の数が適正ではない(28.5%)

8.経験症例数の確保が難しい(22.1%)

9.患者が専門医を重視していない(15.9%)

10.患者の専門医志向が強すぎる(12.4%)

11.患者が適切な専門医を受信しにくい(9.2%)

12.患者などからの過度な期待につながる(6.2%)

とまあこのような結果になっています。

個人的にはもし病気になったらその病気の専門医であり、経験値が豊富なスペシャリストに診ていただきたいと思っています。

気になるのが9位の患者が専門医を重視していないということ、これは日本人の約16パーセントの人が病気になったらどこに行っても大体の?通常の?治療を受けられると思われているということでもある訳です。私はとても怖くてそんなに簡単に決めれません。深刻な病気になったらその道のスペシャリストに診ていただきたいです。日本は保険診療で多くの方が治療を受けられる恩恵があることは事実ですが、ある意味これが技術力の高い専門医を育てる足かせになっていることも事実であると思っています。私達、歯列矯正専門医は保険診療からはなれた医療を行っています。なので多くの先生方は新しい技術や機械を積極的に学び導入される訳です。特に見えない矯正治療(舌側矯正または裏側矯正)は20年ほど前には、きれいに治らない治療だと言われていました。でも時代は変わりました。表側からの矯正治療と同じようになおせる様になっています。私は患者さん側もより知識を身につけて専門医制度に注目していただきたいと思います。見えない矯正治療においては日本舌側矯正歯科学会が認定医を標榜しています。

 

投稿者: SMILES矯正歯科

2015.02.05更新

こんにちは、福岡のSMILES矯正歯科です。

歯の凸凹の治療症例 正面と側方の写真です。

こんなに美しくなるのであれば早く治療をしておけばよかったと言っていただけます。

現在の舌側治療はご覧になってわかる通り素晴らしい治療結果をもたらすことが可能となっております。

動的治療期間 1年2ヶ月(14ヶ月)

舌側矯正 裏側矯正 リンガル 見えない矯正 

 

投稿者: SMILES矯正歯科

2015.02.04更新

福岡市中央区にある歯科矯正専門のスマイルズ矯正歯科です。
前回の続きです。下顎の治療の経過写真になります。下顎右側側切歯(右下2番)を抜歯し矯正装置除去まで14ヶ月です。舌側矯正(裏側矯正)は特殊な技術と経験が必要な治療になります。

"スマイルズ矯正歯科"と天神の"しもだ矯正歯科クリニック"であれば皆さんの悩みを確実に最短時間で、クオリティの高い治療を提供できる体制を整えています。

舌側矯正(裏側矯正)抜歯症例

 

投稿者: SMILES矯正歯科

2015.02.03更新

福岡市中央区にある矯正歯科専門のスマイルズ矯正歯科です。

"舌側矯正""裏側矯正""見えない矯正"と様々な表現方法がありますがそのクオリティをご覧になっていただければと思います。上顎第一小臼歯を抜歯して矯正装置除去まで14ヶ月です。多くの患者さんは歯の凸凹が酷いほど治療期間が必要だと思われる方が多いのですが実は歯列矯正専門医からすると簡単な場合が多いのです。その典型的な症例です。

"スマイルズ矯正歯科"と天神の"しもだ矯正歯科クリニック"であれば皆さんの悩みを確実に最短時間で、クオリティの高い治療を提供できます。

歯の凸凹 福岡 矯正歯科 見えない矯正歯科 裏側矯正 舌側矯正

投稿者: SMILES矯正歯科

2015.02.03更新

こんにちは、スマイルズ矯正歯科です。

20歳代の女性で著しい歯の凸凹を認める症例です。

このような患者さんでも当クリニックの技術を持って治療を行えば見えない矯正(舌側矯正)を用いて

短期間で美しい歯並びと機能的なかみ合わせを実現できることを写真を見ていただければお分かりいただけると思います。

今回は初診時の口腔内写真を見ていただきます。

裏側矯正 舌側矯正 SMILES矯正歯科 歯の凸凹 叢生 しもだ矯正歯科クリニック

投稿者: SMILES矯正歯科

2015.01.13更新

しもだ矯正歯科クリニックならびにSMILES矯正歯科から新年のご挨拶をさせていただきます。
しもだ矯正歯科クリニックは1998年8月に開設しましたので今年は18年目に突入します。
この17年を振り返り想うこといくつか。。。
1.この福岡(九州全体および山口県から患者様に来ていただいているのでちょっと表現が違いますが)において見えない矯正治療を啓蒙•啓発する期間が10年近く必要でした。
ここ数年は初診カウンセリングの患者様から裏側矯正(舌側矯正 見えない矯正)って治らないと聞いたんですが、という質問が少なくなった。
2.ほぼ裏側矯正(舌側矯正 見えない矯正)の治療システムが確立できたこと。
3.大学病院や専門医の先生からの紹介が増えてきました。
4.日本矯正歯科学会(JOS)の専門医や舌側矯正歯科学会(JLOA)の認定医、世界舌側矯正歯科学会の専門医(WBLO)などの取得難易度が高い資格を取得することが出来たこと。
5.歯列矯正における複数の特許を取得したこと。これにより患者様により快適で確実な治療を当クリニックでのみ提供しています。
6.私達のクリニックで研修を積んだ先生方が各地で活躍していただいていること。
7.インプラント矯正(ミニスクリュー)の薬事申請が2012年に許可になり、矯正治療における患者さんの負担が軽減され治療の質が向上したこと。
これらの経験を与えていただいたすべての方々に感謝しこれからも研鑽を積んで、より患者様に喜んでいただける治療を目指していきますので本年もどうぞよろしくお願いいたします!!

医療法人 矯人会
理事長 下田哲也

2015年新年会

投稿者: SMILES矯正歯科

2014.11.29更新

2014年11月23日24日に名古屋で行われた舌側矯正歯科学会に3つのポスタープレゼンテーションと2つの症例展示をさせていただきました。当クリニックが特許を取得したSR-TUBE,Floating Jigの特徴と治療症例。もう一つは昨年フランスの世界舌側矯正歯科学会で発表したEGG Bracketsにおける治療症例を展示しました。私たちは独自のコンセプトで世界にここだけにしかない特化した治療システムで、患者様が快適により早く、高い治療結果を得られるように常に研鑽をし、このような学会で報告させていただく。これが私たちのオフィスのコンセプトであります。どうぞ歯並びやかみ合わせで悩んでおられる方がいらしたら一度ご相談にいらしてください。きっと何かアドバイスができると思います。日本舌側矯正歯科学会 発表

投稿者: SMILES矯正歯科

前へ 前へ
PageTop