九州初の「見えない矯正」専門歯科

緑あふれるリラックス空間で、世界レベルの“見えない”矯正治療を。

2016.09.07更新

MFTとは


MFTとは「ORAL MYOFUNCTIONAL THERAPY」の略で、口腔筋機能療法のことです。
口の周りの筋肉をトレーニングして、舌や口の筋肉の動き方を正常にすることで、歯並びの治療をより効果的に行うことができるようになります。

 

舌の位置が歯並びに与える影響


正常な舌の位置は歯並びに大きな影響を与えます。
舌の正しい位置は、上の前歯の少し後の位置になります。
それが、上顎に付いていなかったり、位置が低かったりすることで、歯並びが悪くなってしまう可能性があるのです。

 

例を紹介します。

舌の位置が下の前歯の裏側にあると、舌で下の前歯を押してしまい受け口やすきっ歯になりやすくなります。
また、舌が上顎についていないと上顎を広げることができないため、出っ歯になりやすくなります。

 

矯正治療でMFTを行う理由


矯正治療で歯並びを整える際にMFTを一緒に行うことがあります。
それは以下の理由からです。

 

・歯並びに悪影響を与えている原因(舌の癖など)を取り除くため
矯正治療を始めて、歯並びを整えようとしても、原因が舌の癖だった場合には、原因を残しておいてはまた悪くなってしまうため改善する必要があります。

 

・矯正期間を短くするため
歯並びを整えるための力と逆の力があっては矯正がなかなか進みません。

 

・治療後に後戻りしないようにするため
歯並びを改善しても、元に戻ろうとする力が働きます。
それは舌の癖や口の筋肉の動きが異常の場合などです。
そのため、後戻りをしないようにMFTで口腔内を改善します。

 

MFTのトレーニング例

 

・スポットポジション
スポットポジションとは舌の正しい位置のことです。
常にこのスポットポジションに舌があるように意識するための訓練です。

 

・ポッピング
舌を上部に持ち上げる訓練です。
舌を上顎に吸い付けてから、舌を下におろし「ポン」という音がでるようにします。
舌全体がきちんと吸い付いていないと音がでません。

 

・バイト
噛み締める際の筋肉の感じを覚え意識するための訓練です。
手を顔のエラ部分、コメカミ、耳の上にあて、歯を噛み締めた際に各筋肉がどの程度動いているかを確認します。

 

・スラープアンドスワロー
飲み込みの訓練です。
舌を上顎に付けた状態での飲み込みを訓練します。

 

・ポスチャー
舌を上顎に付けておくようにするための訓練です。
舌をスポットポジションの位置におき、5分間以上、生活をすることで慣れて行きます。

 

投稿者: SMILES矯正歯科

2016.07.29更新

 歯並びと運動機能

 

歯並びを改善すると運動能力が向上するって本当?

 

歯並びを改善することで運動能力は改善します。

例えば、ボクシング選手や陸上選手などはマウスガードを使用してスポーツ時の歯の咬み合わせを調整していますね。有名なスポーツ選手の例でいうと、現在大リーグ、シアトル・マリナーズで活躍されている青木宣親選手も過去に矯正歯科をされていました。

多くの人は、力を発揮するときに歯を食いしばる習性があります。その時にきちんと歯が噛みあうかどうかで力の発揮のされ方が変わってくるのです。

「歯並びを矯正し咬み合わせ改善する」ということは、オーダーメイドで作ったマウスガード(スプリント)の装着状態を自分の歯で作ることになる訳ですから、運動能力向上にプラスになることは想像できるかと思います。
(スポーツ選手がマウスガードを使う理由は運動能力向上だけではなく、歯の破折・磨耗の防止や顎や顎関節の保護も含まれています。)

 

では歯並び・咬み合わせを改善することで、どういった運動能力が向上するのかというと、集中力、最大瞬発力、最大筋力が向上するといわれています。

筋肉トレーニングで筋力を10%向上させるには約1年程度かかると言われているのに対し、咬み合わせを整えるだけで筋力が同じく10%向上するのだそうです。

それくらい歯並びの改善、咬み合わせの改善は運動能力に影響があるということですね。

 

 

運動不足は歯周病のリスクが高まる?

 

運動不足は身体に良いことはなく、いろいろな病の原因になりますが、一見関係なさそうに見える歯周病とも関係があります。

運動不足だと身体の血行が悪くなっています。

歯肉にも血管があり血が流れていますので、血行が悪くなると歯肉は衰え、歯周病を早めることになります。

投稿者: SMILES矯正歯科

2016.07.25更新

子供の歯並びが悪いような気がするがどう対処したらいいか

 

お子様の歯並びが悪いと親御さんは心配になりますよね。
3歳、4歳のお子様の歯並びが多少悪くても神経質になる必要はありません。

しかしながら、明らかな出っ歯や前歯が開いてしまっている開口症、下の前歯が上の前歯よりも前に出ている受け口になっている人は一度相談していただければと思います。
3歳や4歳では症状によってすぐに治療を始められるとは限りませんが、状況に合わせたアドバイスができるかと思います。

もし治療が必要になった場合の治療方法としては、まだ永久歯が生えていないので、ブレースを使用した固定式の矯正治療は適応できません。よって、お子様本人の筋肉の力を活用して矯正する方法である「PREORTHO(プレオルソ)」やムーシールドなどの取り外しができる装置を用い筋機能を鍛えることで、習癖や歯列不正を改善していくものです。

 

○プレオルソとは

 

顎骨が柔らかく成長期の子供の歯並びを矯正するために開発された治療方法です。柔らかい素材の装置なので安心して使用できるかと思います。

 

プレオルソの特徴

1. 柔らかい素材で痛みがほとんどありません
2. お子様のお口に合う最適なデザイン(形態)です
3. いつでも簡単に取り外しが可能です

プレオルソ

 

 

子供の歯並びに遺伝は関係あるか

 

歯並びが遺伝に関係しているよりも、歯牙の大きさや顎の骨格が遺伝に関係していることが多いです。
例えば、顎が小さいなど骨格の特徴が遺伝することで、その骨格に合わせて舌の動きが制限されますので、結果的に歯並びも悪くなるということになります。
骨格が歪んでいれば機能面もそれにあわせて歪んでいくということです。
そして骨格の遺伝的な発現率は約3割前後と言われています。
また、親御さんと同じ環境の中で生活をすることになりますので、食生活の状況や姿勢なども歯並びの変化に関係してきます。

 

 

指しゃぶりによる歯並びへの影響

 

指しゃぶりは歯並びに影響があります。
指しゃぶりなどの歯並びに悪い影響を与える習慣を「悪習癖(あくしゅうへき)」といいます。
この悪習癖を改善することが歯並びの改善の一歩になります。

 

○子供が指しゃぶりをする理由
では、なぜ子供は指しゃぶりをしてしまうのでしょうか?
一般的には以下のように言われています。
・眠くなったときにお母さんのおっぱいを呑んでいる状態と同じ状態を求めるため
・寂しさなどで精神的にやや不安定な状態になったときに心を落ち着かせるため
安らぎたい、心を落ち着けたいというときに指しゃぶりをするのですね。

 

○指しゃぶりと舌の悪習癖を強制的に止める方法
小さいお子様に指しゃぶりをやめなさいと言っても本人ではなかなか改善が難しいと思います。
どうしても指しゃぶりや舌の悪習癖を改善したいと場合には、強制的に止める方法もあります。

 

下の写真は「タングクリブ」という機器です。
これによりお口に指を入れにくくし、下の動きも制限できるため、適切なポジションにすることができます。

タングクリブ

 

 

歯並びを悪くする悪習慣と対策

 

歯並びに悪い影響を与える悪習癖には、以下のようなものがあります。

 

1. 指しゃぶり
先述した指しゃぶりは悪習癖です。幼児の場合は睡眠時にお口に専用のテープを貼って指しゃぶりを防止という方法もあります。

 

2. 舌の癖
舌が適切な場所に維持できなかったり、いつもお口の中で動かしているような癖がある場合は、先述したタングクリブにより舌の動きやポジションを矯正するなどの方法で改善します。

 

3、鼻呼吸ができない(口呼吸)
慢性鼻炎やアデノイドなどの影響で、口呼吸になっているお子様が増えています。苦しいためずっと口が空いた状態になることで開咬症になりやすくなります。
このような場合は耳鼻科で診てもらい、きちんと鼻呼吸ができる状態にしてあげると良いです。

投稿者: SMILES矯正歯科

2016.04.20更新

不眠症の原因には様々な要因があります。
歯並びの悪さと不眠症の関係は、明確な根拠はありませんのではっきりとしたことはいえません。


しかしながら、「睡眠時無呼吸症候群」の原因の一つに下顎の劣成長、「顎が小さいこと」があげられています


これまでは、睡眠時無呼吸症候群=肥満体質の方がなる病気、というイメージを多くの方が持っていらっしゃいましたが、舌の大きさや舌挙上筋が弱かったりすると、就寝時に舌が気道へ落ち込み呼吸ができなくなってしまいます。
また鼻の構造的な問題なども要因にあげられています。


それと同様かそれ以上に顎の形状も大きな要因の一つです。


顎が小さい方は、顎の位置が正常な人より後ろにあり、なおかつ顎舌骨筋(がくぜっこつきん)がきちんと機能できていない場合が多く、就寝時に気道が狭く細くなってしまうため、睡眠時無呼吸症候群になる可能性があるのです。


慢性的にいびきをかいていたり、朝の目覚めが悪かったり、日中に眠気が強いなどの方は、少し注意されてみるとよいと思います。

投稿者: SMILES矯正歯科

2016.03.30更新

歯並びと消化器官には深い関係があります。


不正咬合には垂直的な問題が有る開咬症と、前後的な問題が有る受け口や出っ歯やそれらの複合的な問題を認める不正咬合に分けられます。

これら顎骨に起因する問題が多い患者様の場合は、「奥歯だけしか噛めない」、逆に「前歯だけしか噛めない」、「片側だけしか噛めない」ということが起こり、歯並びと顎骨のバランスが整っている人に比べて食べ物をきちんと咀嚼できない状況が起こります。


すなわち咀嚼の効率が悪い、例えば車で言えば燃費が悪い状態ということになります。
きちんと噛み砕かれずに飲み込まれた食べ物は、胃などの消化器官に大きな負担をかけてしまいます。


年齢が若いうちはあまり影響が出ないかもしれませんが、長い年月をかけて消化器官に負担をかけてしまうことで、消化器官に関わる病気になりやすくなることが考えられます。

投稿者: SMILES矯正歯科

2016.03.22更新

歯並びが悪い人は土台(歯槽骨)が狭い場合が多いです。
土台が狭いということは、舌の置き場所(舌房)が狭くて舌が落ち着かない状態になっています。


舌の機能は健康への影響が様々ありますが、発音にも影響を与えます。

舌小帯付着異常」「舌強直症」などと言ったりしますが、
舌の下の筋に異常が見られる状態になっている方もいらっしゃいます。

舌の動きが制限されるため、発音にも影響が出ますし、
舌が正しい位置にあり、そこできちんと機能していないと、
きれいな歯並びを長く維持することは難しい
と言われています。


また、歯並びがデコボコ(凸凹)していても、舌がひっかかるため滑舌も悪くなります。
こういった場合には、歯並びを改善するだけではなく、舌の機能訓練を行う必要があります。

投稿者: SMILES矯正歯科

2016.03.16更新

歯並びがデコボコ(凸凹)している状態を叢生といいます。

 

叢生になっていると、歯が生えている土台(歯槽骨)と
歯の大きさのアンバランスが起きている状態で、
内部に目をやると、歯槽骨と歯の根っこの間隔が狭くなっている状態になっています。

 

通常、歯槽骨周辺には歯茎を含め血流が豊富ですが、
歯槽骨と歯根の間隔が狭くなっていると血流が悪くなります
このことにより周辺の組織が痛みやすく、
うっ血歯肉の炎症を引き起こしてしまいます。

 

また、歯茎で歯が重なっていると、歯ブラシが届きにくい場所ができて、
歯垢(プラーク)がたまりやすい状態になっています。
私達はプラーク除去率と言ったりしますが、
汚れの除去率が低くなるため、
歯肉の炎症も進行してしまうのです。

 

叢生の状態だと当然かみ合わせのバランスが悪くなり、
食べ物を噛むことにも悪影響がでます。
かみ合わせが悪くバランスよく噛めないため、
食べ物を咀嚼する能力(咀嚼能率)が低下しますし、
歯周病にもなりやすくなってしまいます。

 

例えば、歯並びが良い人(上下の歯がきちんと噛みあう状態)とそうではない人が、
全く同じ食べ物を同じ回数だけ噛んだ場合に、
どちらの方が食べ物がきちんと砕かれているかを想像していただくと
咀嚼能率についてイメージしていただけるかと思います。


まとめ

 

歯並びが悪いと・・・
・うっ血や歯肉の炎症を引き起こします
・歯周病が起こりやすい環境になっています(歯周病は他の病気の原因になることもあります)
・プラークにより口臭の原因になります
・発音にも影響がでます
その他にも、消化器官への悪影響、不眠症・肥満・肩こりなどの原因、呼吸の乱れなどとも関係があるのです。

 


歯並びが良くないということは見た目だけではなく、
健康にも良くない影響を与えているのですね。

 

投稿者: SMILES矯正歯科

2016.02.09更新

40代女性の患者様

 

Q1、矯正を始めようと思ったきっかけはなんですか?

以前よりコンプレックスで接客業という事もあるのとかみ合わせを今後の為にきちんとしたかったので。

 

Q2、当クリニックを選んだ理由はなんですか?

天神の方に義妹が通った事があり安心だったのと自宅から近かったので

 

Q3、装置はどれをつけていますか?

リンガル(上下裏側)

 

Q4、なぜその装置を選んだのですか?

人前で話すことが多く見えない方がよかったので

 

Q5、矯正を始めてみて、いかがですか?

痛みや大変な事(歯みがき)はありますが、どんどん変化しうれしいです。

 

Q6、もう一度矯正をするなら、どの装置を選びますか?

リンガル(上下裏側)

投稿者: SMILES矯正歯科

2015.04.30更新

しもだ矯正歯科クリニックとスマイルズ矯正歯科のみで行える特許技術の紹介です。今までの矯正装置は表側であれ裏側(舌側)であれ奥歯は突起物がある金属の矯正装置が用いられてきました。

それらは口内炎の原因であるばかりか、違和感や滑舌の問題を抱えていました。

私達の診療室では多くの特許を取得しておりますがその一つがこの写真で見ていただけるSR-TUBEです。

写真では分かりづらいでしょうが一見矯正装置がないように見えますが奥歯にはオーダーメイドの矯正装置が装着されています。

これらは審美的に優れるのはもちろんのこと、丸みを帯びたその形状はなにより患者さんにとって不安な滑舌と違和感を最小限にすることができる矯正装置です。

また効率よく歯を動かすことができるという長所も有しています。

この開発により当クリニックの患者さんの中には矯正治療をしているという感覚を忘れるほどという嬉しい感想をいただいております。

特許取得の矯正装置

投稿者: SMILES矯正歯科

2015.04.29更新

インプラント埋入
インプラントを口内に埋め込むと初め聞いた時は怖かったですが、実際は麻酔注射のチクっとした痛みだけでした。ただ埋入時の音が怖かったです。

その日麻酔が合わなかったみたいで、帰宅後顔全体が腫れてしまいましたが6時間後くらいには腫れも引き、麻酔後の痛みもなく安心しました。
インプラントが舌にあたるので2、3日は違和感があり、特に歯磨き後口をゆすぐときなどは気になりました。食事の際食べ物が引っかかることはあまりありませんでした。
喋るのも特には問題なく通常通り過ごせており、日にちが経つとインプラントの存在を忘れるくらい違和感もなくなりました。

投稿者: SMILES矯正歯科

前へ 前へ
PageTop