九州初の「見えない矯正」専門歯科

緑あふれるリラックス空間で、世界レベルの“見えない”矯正治療を。

2017.11.28更新

今回は矯正治療中の食事について紹介したいと思います。矯正治療は平均的には約2年程度の期間がかかりますので、この間の食事について把握しておくことは大切なことかと思います。普段の食事で気をつけることなどを紹介します。

 

 

矯正治療中の食事で気をつけること

矯正装置はとても繊細な器具で、少しずつ歯のバランスを整えていこうとするものです。見た通り矯正装置のワイヤーは細いものですので、そのワイヤーがかかる歯に固いものなどが強引に接触しないような食事の仕方にしましょう。

やや柔らかめの食材やメニューにし、大きさも小さくカットして食べることが望ましいです。固いものや歯にくっつきやすい粘着力のある食べ物はできるだけ避けるのがイイでしょう。麺類など長い形状のものをすすりながら食べることが難しくなる場合があるため、一口大にまとめて口の中に入れる、また柔らかい野菜などでも繊維がそのまま残っているものは、ワイヤーに引っかかることがあるため注意が必要です。

また、矯正装置の一部には食べ物によって着色してしまう場合がありますので、色素沈着しやすい食べ物を食べるときは、通院の前日などを選ぶことが良いでしょう。
矯正装置をつけることで舌の運動に制限が出る場合があります。その場合は、噛み砕くことが普段よりは不十分になり、食べ物の丸呑みで消化器官に負担をかけてしまう危険性も考えられますので、食材の大きさに加えて消化の良いものを意識して食することも必要です。

 

 

控えめにした方が良い食べ物の例

【固い食べ物】
・せんべい
・ピーナッツやアーモンド
・キャンディー(かじらなければOK)
・トウモロコシ
・リンゴなどの丸かじり など

 

【粘着性のある食べ物】
・ガム
・キャラメル
・餅
・グミ など

 

【色素が強い食べ物】
・カレー
・コーヒー
・赤ワイン
・キムチ
・ケチャップ使用のパスタやオムライスなど
・デミグラスソース使用の煮込み料理など

 

【装置に挟まりやすい食べ物】
・エノキダケ
・もやし
・ネギ
・ほうれん草
・アスパラガス
・ニラ
・白菜
・餅菓子
・スナック菓子 など

 

 

装置に挟まらないように食べるコツ

まずは大きさを重視し、調理の段階で小さくカットしておくか、口に入れる前に箸で細かくしておく。口の中に入れるときは少量ずつ、頬張らない程度におさえ、前歯を避け、できるだけ奥歯で噛み砕くようにしましょう。ゆっくりと何度も噛むことで唾液も分泌してきますので、消化作用も強化されるといわれます。
また食事中は、矯正装置をつける前以上に水分を摂るようにしましょう。歯にくっついてしまった食残などが剥がれやすくなります。


もし食事の影響で装置に違和感が出たと感じた場合は、当院にご相談ください。

投稿者: SMILES矯正歯科

2017.11.13更新

今回は矯正治療と顔の形、特にエラとの関係についてご紹介したいと思います。
矯正治療の本来の目的は、歯並びを整えかみ合わせを改善することで生活の質を高める治療ですが、矯正後に顔の歪みが改善するなどの副次的な効果がある場合があります。
矯正治療と顔の形との関係についてみていきたいと思います。

 

 

顔のエラの要因

顔がやや四角のように見える状態をエラ張りと呼ばれていますが、このエラ張りにコンプレックスを持っている方が多くいらっしゃいます。このエラ張りは、骨格と筋肉が関係しています。
遺伝的に骨格がそのような形の場合に骨を動かすことは難しいですが、噛み合わせが悪く筋肉の過緊張からくるエラ張りの場合はそれらを改善することで、エラ張りが軽減される場合があります。

筋肉が張っている原因として考えられるのが、歯ぎしりや食いしばりが原因でエラの部分の筋肉が張り厚みが出ていることがあります。
この歯ぎしりや食いしばりと歯並びはどのような関係があるのでしょうか?

 

 

歯並びと歯ぎしり・食いしばりの関係

歯並びが悪いと上下の歯が正しく接せず、きちんとかみ合わせができていないため、顎の筋肉が緊張し歯ぎしりや食いしばりを起こしやすくなります。
歯ぎしりや食いしばりが強いと、より歯並びが悪くなったり、歯がすり減ったり、顎関節にも大きな負担をかけるため顎関節症にもなりえます。こうして顔の形にも影響が出ることが考えられます。

 

 

歯並びを改善して顎の緊張を和らげる

ここまで紹介した通り、歯並びが悪いことで正しく噛むことができず顎の筋肉が張って厚みがでることがご理解頂けたかと思います。よって歯並びを矯正してかみ合わせを改善することで、本来のお顔の形に近づけることができるということになります。

少しでも歯並びで気になることがある方は、お気軽にご相談ください。

投稿者: SMILES矯正歯科

PageTop