九州初の「見えない矯正」専門歯科

緑あふれるリラックス空間で、世界レベルの“見えない”矯正治療を。

2017.11.13更新

今回は矯正治療と顔の形、特にエラとの関係についてご紹介したいと思います。
矯正治療の本来の目的は、歯並びを整えかみ合わせを改善することで生活の質を高める治療ですが、矯正後に顔の歪みが改善するなどの副次的な効果がある場合があります。
矯正治療と顔の形との関係についてみていきたいと思います。

 

 

顔のエラの要因

顔がやや四角のように見える状態をエラ張りと呼ばれていますが、このエラ張りにコンプレックスを持っている方が多くいらっしゃいます。このエラ張りは、骨格と筋肉が関係しています。
遺伝的に骨格がそのような形の場合に骨を動かすことは難しいですが、噛み合わせが悪く筋肉の過緊張からくるエラ張りの場合はそれらを改善することで、エラ張りが軽減される場合があります。

筋肉が張っている原因として考えられるのが、歯ぎしりや食いしばりが原因でエラの部分の筋肉が張り厚みが出ていることがあります。
この歯ぎしりや食いしばりと歯並びはどのような関係があるのでしょうか?

 

 

歯並びと歯ぎしり・食いしばりの関係

歯並びが悪いと上下の歯が正しく接せず、きちんとかみ合わせができていないため、顎の筋肉が緊張し歯ぎしりや食いしばりを起こしやすくなります。
歯ぎしりや食いしばりが強いと、より歯並びが悪くなったり、歯がすり減ったり、顎関節にも大きな負担をかけるため顎関節症にもなりえます。こうして顔の形にも影響が出ることが考えられます。

 

 

歯並びを改善して顎の緊張を和らげる

ここまで紹介した通り、歯並びが悪いことで正しく噛むことができず顎の筋肉が張って厚みがでることがご理解頂けたかと思います。よって歯並びを矯正してかみ合わせを改善することで、本来のお顔の形に近づけることができるということになります。

少しでも歯並びで気になることがある方は、お気軽にご相談ください。

投稿者: SMILES矯正歯科

PageTop