九州初の「見えない矯正」専門歯科

緑あふれるリラックス空間で、世界レベルの“見えない”矯正治療を。

2016.07.29更新

 歯並びと運動機能

 

歯並びを改善すると運動能力が向上するって本当?

 

歯並びを改善することで運動能力は改善します。

例えば、ボクシング選手や陸上選手などはマウスガードを使用してスポーツ時の歯の咬み合わせを調整していますね。有名なスポーツ選手の例でいうと、現在大リーグ、シアトル・マリナーズで活躍されている青木宣親選手も過去に矯正歯科をされていました。

多くの人は、力を発揮するときに歯を食いしばる習性があります。その時にきちんと歯が噛みあうかどうかで力の発揮のされ方が変わってくるのです。

「歯並びを矯正し咬み合わせ改善する」ということは、オーダーメイドで作ったマウスガード(スプリント)の装着状態を自分の歯で作ることになる訳ですから、運動能力向上にプラスになることは想像できるかと思います。
(スポーツ選手がマウスガードを使う理由は運動能力向上だけではなく、歯の破折・磨耗の防止や顎や顎関節の保護も含まれています。)

 

では歯並び・咬み合わせを改善することで、どういった運動能力が向上するのかというと、集中力、最大瞬発力、最大筋力が向上するといわれています。

筋肉トレーニングで筋力を10%向上させるには約1年程度かかると言われているのに対し、咬み合わせを整えるだけで筋力が同じく10%向上するのだそうです。

それくらい歯並びの改善、咬み合わせの改善は運動能力に影響があるということですね。

 

 

運動不足は歯周病のリスクが高まる?

 

運動不足は身体に良いことはなく、いろいろな病の原因になりますが、一見関係なさそうに見える歯周病とも関係があります。

運動不足だと身体の血行が悪くなっています。

歯肉にも血管があり血が流れていますので、血行が悪くなると歯肉は衰え、歯周病を早めることになります。

投稿者: SMILES矯正歯科

PageTop