九州初の「見えない矯正」専門歯科

緑あふれるリラックス空間で、世界レベルの“見えない”矯正治療を。

2016.03.30更新

歯並びと消化器官には深い関係があります。


不正咬合には垂直的な問題が有る開咬症と、前後的な問題が有る受け口や出っ歯やそれらの複合的な問題を認める不正咬合に分けられます。

これら顎骨に起因する問題が多い患者様の場合は、「奥歯だけしか噛めない」、逆に「前歯だけしか噛めない」、「片側だけしか噛めない」ということが起こり、歯並びと顎骨のバランスが整っている人に比べて食べ物をきちんと咀嚼できない状況が起こります。


すなわち咀嚼の効率が悪い、例えば車で言えば燃費が悪い状態ということになります。
きちんと噛み砕かれずに飲み込まれた食べ物は、胃などの消化器官に大きな負担をかけてしまいます。


年齢が若いうちはあまり影響が出ないかもしれませんが、長い年月をかけて消化器官に負担をかけてしまうことで、消化器官に関わる病気になりやすくなることが考えられます。

投稿者: SMILES矯正歯科

PageTop